歯周病

こんな症状がありませんか?

  • 歯茎がムズムズとかゆい
  • 歯磨きをすると血が出る
  • 歯茎が腫れている
  • 口の中が粘ついてさっぱりしない
  • 口臭が気になる
  • 舌や指で押すと歯が動く
  • 歯茎が痩せてきた
  • 歯が長くなってきた

歯を失う原因のトップは歯周病

歯周病は日本人が歯を失う最大の原因です。そして、歯周病に罹っているのは日本人の成人で80%以上にも上るという報告がされています。
歯周病は歯垢や歯石にすみついた細菌が歯茎に炎症を起こしながら奥に進んでいき、やがて歯を支える骨である歯槽骨を溶かしてしまい、それによって歯が抜けてしまう病気です。虫歯のない健康な歯が一気に何本も抜けてしまうこともあります。

歯周病と健康

歯痛歯周病菌は、歯茎から血液に入り込み、全身に悪影響を与えることもわかってきています。いくつもの重大疾患の原因となることや、疾患の重症化にも関わっているとされています。
糖尿病になると歯周病を発症することがとても多いことから、糖尿病は特に、歯周病との関係が深いことがわかっています。歯周病が糖尿病を悪化させるケースや、歯周病治療を受けてことで糖尿病の状態もよくなったというケースが多数報告されています。
糖尿病以外で歯周病が関係しているとされている病気には、動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症、誤嚥性肺炎、心内膜炎などがあり、早産や低体重児出産
との関連性も指摘されています。

予防の重要性

歯周病は、1度なってしまったら完治はできず、進行を止めるかゆるやかにするしかできません。治療を受けて、正しいケアをご自分でもできるようになれば、歯周病によるさまざまなリスクを抑えることはできますが、歯周病になる前にしっかり予防することが一番のリスク回避となります。しっかり予防してお口だけでなく、全身の健康も守っていきましょう。

20代の歯周病リスクと予防

歯周病は高齢者の病気というイメージがありますが、実は歯周病の進行がとても遅く、ある程度の年齢になってから深刻な症状が一気に現れるだけで、若い方がならない病気というわけではありません。実際に、20代で歯周病になり、30代に入って症状が出てくる方も多いのです。
歯周病には初期症状がなく、ある程度進行すると歯茎が赤っぽくなって、歯磨きの際に出血が起こります。さらに進行すると歯のぐらつきや口臭などの症状が現れ、やがて歯が抜けてしまうことになります。かなり重症化するまで痛みのように気付きやすい症状が現れないことが大きな特徴です。
歯周病予防は、症状が現れていない時にスタートする必要があります。そのためには、20代や30代の歯周病予防を考えた定期メンテナンスはとても重要になってきます。

できる限り非抜歯で治療を

歯ブラシ重度の歯周病では、悪化を防ぐために抜歯をすすめられるケースがよくありますが、当院ではできる限り非抜歯での治療を基本に考えており、抜歯せずに症状を抑制するよう最大限の努力をしています。
これには患者さまご本人が日々のブラッシングといったケアを正しく行うことも不可欠ですので、丁寧ないブラッシング指導にも力を入れています。
ただし、残念なことですがどうしても抜歯が必要なケースもあります。そうした際には、インプラント、入れ歯、ブリッジなどの精密な補綴治療を行うことで、失ってしまった歯の機能性を補っています。

歯周病の進行度と治療方法

進行度により適切な治療法が変わってきます。
歯周病は、歯肉炎と歯周炎という2つに大きく分けられます。歯肉炎は歯茎が炎症を起こしている状態で、歯周炎は炎症が深部にまで達しています。
歯周病の進行度は、歯肉炎、そして歯周炎を3つの段階に分けた4段階です。歯肉炎の段階はジンジバイティス(Gingivitis)の頭文字から“G”、歯周炎の3段階はペリオドンタイティ(Periodontitis)の“P”と数字を組み合わせたP1~P3に分けられており、数字が大きくなると重症度が上がります。

G 歯肉炎

歯茎が炎症を起こしている段階です。
歯茎が赤っぽくなって腫れが起こり、歯ブラシの際に出血することがあります。
治療方法
歯石やご自分では磨けない部分の歯垢を除去し、ブラッシング指導で正しいケア方法を身に付けます。口腔内を清潔に保つことで、症状が改善していきます。

P1 軽度歯周炎

歯を支えている歯槽骨が溶かされはじめている段階です。
歯と歯茎の間の隙間である歯周ポケットが深くなって、そこから出血や膿が出る、口臭が発生するなどの症状が現れます。
治療方法
Gと同様に、歯石やご自分では磨けない部分の歯垢を除去し、ブラッシング指導で正しいケア方法を身に付けます。口腔内を清潔に保つことで、症状が改善していきます。

P2 中度歯周炎

歯槽骨の破壊がかなり進んできている状態です。
歯周ポケットがさらに深くなって歯槽骨が溶けてきており、歯のくらつきや膿が出るなどの症状が現れます。口臭なども強くなる傾向があります。
治療方法
GやP1と同様の治療を基本に行った上で歯周病の状態を確認し、改善が見込めない場合には、歯周外科手術(フラップオペなど)を行う場合があります。

P3 重度歯周病 

歯根の半分以上まで歯槽骨が破壊されている状態です。
歯のぐらつきや痛みが強くなり、食事がままならなくなるケースもあります。
治療方法
できる限り抜歯を回避するために、歯周外科治療や歯周再生療法(エムドゲインやGTR法など)を検討します。抜歯が避けられない場合には、精密な補綴治療で歯の機能性を補います。

一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約078-991-1655 お問い合わせ