矯正歯科

抜かない矯正

矯正一般的な矯正治療では、歯をきれいに並べるスペースを作るために、『中間歯』という前歯から4番目と5番目にある第一小臼歯と第二小臼歯を抜くことが多くなっています。
この中間歯は正しい噛み合わせにとって、重要な役割を持っています。また、抜歯は残された歯にかかる負担を増大させて歯を弱くしてしまいますし、同時に歯を支える歯槽骨も弱くしてしまうことがあります。こうしたことから、顎関節症や噛み合わせの乱れを起こすリスクも上がってしまいます。
当院では、次世代のワイヤーであるゴムメタルワイヤーを用い、GEAW(ギア)システムを取り入れて、中間歯の抜歯をできるだけ行わない矯正治療を行っています。

外科手術なしで治療

当院では、一般的に外科手術が必要とされる受け口の症例を、外科手術なく矯正することが可能です。これは、下顎を適切な位置に誘導して、本来の噛み合わせを改善します。骨格自体の形を改善することは不可能ですから、症例によっては外科手術が必要になることもあります。受け口になる原因は下顎が前に出ているだけではなく、下顎の垂直的な成長が大きく関係しているため、従来の水平的なアプローチではなく、垂直的なアプローチを取り入れて、外科手術なしで矯正治療することが可能になっています。下顎の高さを元に戻すことで受け口が治療可能な場合に適していますので、ご相談ください。

前歯だけの部分矯正も可能なマウスピース矯正

笑顔当院では、トランスクリアという透明なマウスピースによる矯正治療を行っています。これは、前歯の凸凹や隙間を矯正するためのものです。透明で薄いマウスピースなので矯正治療中であることが他人にわかりにくく、金属アレルギーでも心配なく装着でき、スポーツや楽器演奏に影響もありません。また、ご自分で付け外しができるため、食事にも制限がありませんし、ブラッシングなどのケアも普段通りに行うことができ、口内を清潔に保てます。トランスクリアは国内の技工所で作られているため、信頼性の高さも大きなメリットです。なお、設計の際には精密な3Dデータを作成し、治療開始時には立体的に治療目標をご確認できます。

一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約078-991-1655 お問い合わせ