入れ歯

当院の入れ歯治療

違和感は少なく、しっかりと固定され、目立たない。 患者さまに合わせた入れ歯の提供をお約束します。

入れ歯入れ歯は大きく分けて、保険制度内で作製できるものと、自費診療でしか作製できないものがあります。保険が適用される入れ歯は基本的に安価ですが、違和感や痛みが生じる場合があります。
自費診療でつくる入れ歯は比較的高額とはいえ、快適さ、耐久性、見た目に優れたもの(装着しているのがわからない)など種類が豊富です。
詳しいご要望、費用もご相談ください。

保険による入れ歯

入れ歯保険が適用されるためには、材質や構造に細かな制限があります。
総入れ歯の材質はすべてレジン(歯科用のプラスチック)となり、強度を保つために厚くせざるを得ません。この「厚み」に違和感を持つ方もいらっしゃいます。
部分入れ歯は、クラスプ(針金)を隣の歯にかけて、固定することになります。

保険適用の入れ歯であっても、噛むという機能そのものが劣るわけではありません。しかし、厚みやズレなどによる違和感は、咀嚼に支障をきたすこともありますので、結果的には自費でつくる入れ歯と比べると噛む力が劣ることが多くなります。

自費による入れ歯

金属床義歯

入れ歯保険診療のレジンによる入れ歯と厚さを比べると、

  • レジン・・・3mm以上
  • 金属床・・・0.5mm程度

と、その差は歴然です。この薄さにより、違和感が大きく抑えられます。強度に優れ、壊れにくく、食べ物の温度も伝わりやすくなります。
また、においも少ない衛生的な入れ歯です。

ノンクラスプ義歯

ポリカーボネート樹脂でできた、バネのない部分入れ歯です。
入れ歯と歯ぐきの境目も自然で、審美的に優れます。バネがないため、残っている歯への負担も軽減できます。

磁性アタッチメント義歯

歯根に金属を埋め込み、強力な磁力による安定した入れ歯です。
バネがありませんので、審美的にも優れた入れ歯です。

院内ラボで入れ歯修理、当日お渡し。

院内写真当院では院内に技工所を設置しておりますので、午前中にお預かりした入れ歯はその日のうちに修理・お渡しが可能です。

一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約078-991-1655 お問い合わせ