小児歯科

当院の小児歯科

小児歯科の目的は、噛み合わせ改善と定期検診で、しっかり噛めるお口の土台づくり。

子供小児歯科であっても、基本的には大人の治療内容と変わりません。しかし乳歯から永久歯への生え替わる時期であり、また噛み合わせを含めたお口の健康の土台を形成する時期でもありますので、いくつか注意する点があります。

1.しっかりと噛める健康な歯であること

十分に正しく噛むことは、成長に必要な栄養を効率よく吸収することにつながります。また、むし歯をよけた咀嚼は噛み合わせの乱れへとつながりますので、むし歯の早期治療や、噛み合わせを乱さない詰め物の詰め方も大切です。
よく噛むことは、脳の発達にも効果があります。身体全体の成長と健康のために、正しく噛むのはとても大切なのです。

2.美しい発音のための噛み合わせ・顎の動かし方

幼児期はたくさんの言葉を身につける時期でもあります。正しい噛み合わせと顎の動かし方は、美しい発音を促します。

3.乳歯をきちんと治療して、永久歯を正しい位置へ誘導すること

乳歯をむし歯のせいで抜歯しなければならなくなったとしたら、永久歯の生え方に影響します。乳歯の根が吸収されることで永久歯への生え替わりが促されますので、乳歯のむし歯を防ぎ、むし歯になってしまった場合にも早期に治療することが大切です。

小児治療の前に

歯科医院は、大人でもあまり行きたくないものです。
小さなお子さまはなおさらのことでしょう。当院では、根気よく、慎重な治療を行うことで、お子さまにとって少しでも「通いやすい」医院であるよう努めています。

1.午前中の受診をお勧めします

特に小さなお子さまの場合、夕方になると機嫌が悪くなることが多い傾向にあります。体調の良い日を選び、午前中に受診されることをお勧めします。

2.嘘をついて受診させない

嘘をついて歯科医院に連れてこられると、余計に恐怖を感じます。次回以降の通院にも支障をきたします。治療後は、目一杯褒めてあげてください。

3.身軽な服装でいらしてください

小さなお子さまの場合、暴れてしまうこともあり、汗もかきます。Tシャツなどの身軽な服装で治療を受けられることをお勧めします。

定期検診

診察室定期的な検診を受けるのが早ければ早いほど、むし歯になる確率が低いというデータがあります。

たとえば7歳を超えてから定期検診を受け始めた方は、それ以前から始めている方と比べると、13歳時点で約2倍のむし歯ができています。
乳歯をきちんと治療しておくことで、永久歯を適切な位置に誘導できます。どうせ生え替わるからと放置せず、定期的に検診を受けて予防、早期発見・早期治療に努めることが、お子さまの将来にわたるお口の健康のために大切です。

一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約078-991-1655 お問い合わせ