インプラント

インプラントとは

術後の噛み合わせ、使用感まで考えたインプラント。 長く、快適に使っていただきたいからこそ。

歯の模型インプラント治療とは、むし歯や歯周病、または事故などにより歯を失ってしまった場合に、自然の歯に近い機能と審美性を取り戻す方法です。

人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯冠をかぶせます。
従来の入れ歯やブリッジ治療と異なり、周囲の自然の歯を削る必要がなく、何より強固に固定し、1本で自立しているため、より自然の歯に近い感覚で使用することができます。
噛む、喋る、ブラッシングなどを、自然の歯と変わらずに行っていただくことができる、非常に優れた治療法です。

※当院では、顎の骨の量・厚さが不足している場合に必要となる骨造成法(GBR法、サイナスリフト、ソケットリフト)にも対応しております。

治療の流れ

1. 診査・各種検査

模型診査、パノラマ撮影、セファロ撮影、CT撮影等の、各種画像診査を行います。

2. あごの動き、噛み合わせの検査

「CADIAX」と呼ばれる顎機能診査プログラムにより、あごの動きを検査します。また、噛み合わせがうまく機能しているかの診査も行います。

3. 治療計画の説明

各種検査結果をお知らせし、現状をご説明します。治療内容、治療費、治療期間を詳しく説明させていただきます。

※顎の骨の量・厚さが不足している場合には、GBR法、サイナスリフト、ソケットリフトなどの「骨再生法」 による骨の治療が必要になります。

4. 術前処置

むし歯や歯周病がある場合には、優先的に治療します。その場しのぎの治療はせずに、しっかりと治してからインプラント手術へと進みます。

5. インプラント手術

インプラントを埋入(1次手術)し、骨との結合期間(約3~4カ月)を経て、必要があれば「粘膜貫通術」を行います(2次手術)。
※結合期間は、プロビジョナルレストレーション(仮歯)を使用していただきます。

6. 上部構造装着

噛み合わせの安定を確認したのち、上部構造を作製・装着します。

7. メインテナンス

処置室インプラントはあくまで人工物です。毎日のブラッシングに加え、定期的に当院でメインテナンスを行います。インプラントをより長く快適に使用していただくためです。
状態の改善が見られれば、3カ月に一度程度にまで通院頻度を抑えることができます。

当院のインプラント治療

院内に設置された歯科用CT

CT世界的に、インプラント治療前のCT検査は常識となっています 世界的に、インプラント治療前のCT検査は常識となっています。当院は院内に歯科用CTを設置しておりますので、いつでも必要に応じて迅速にCT撮影ができます。従来のエックス線写真では捉えられない3次元画像を鮮明に映しだすことができるので、より安全・安心のインプラント治療が可能です。

術後の噛み合わせも考えて

当院では、インプラント埋入後の使用感、噛み合わせを考えた治療を行います。 埋入時の角度や深さ、上部構造の形状などを綿密に計算し、患者さまに最適のインプラントを提供します。

最小限の本数で効果的に

多くの歯を失ってしまった場合、すべての箇所にインプラントを埋めるわけでありません。 非常に高額となる上、患者さまのお体への負担も大きくなってしまいます。 そこでポイントとなる箇所に適切な数のインプラント埋入を行い、入れ歯やブリッジと組み合わせる方法も可能です。 1本の歯として強く自立できるインプラントと、周囲の歯に支えられて機能する入れ歯やブリッジとを組み合わせることで、身体に優しく、効果的に歯の機能を取り戻します。

サイナスリフトとは

骨の厚みが足りない方のために、骨の厚みを確保してインプラント治療を受けられるようにする施術です。サイナスは上顎洞のことで、ここに自家骨や人工補填材などを移植するという内容です。骨の厚みが足りないとインプラントを埋入する際に上顎の裏へインプラントの人工歯根が突き抜けてしまうため、骨の量を増やして突き抜けないようにするものです。
骨が薄い部分に自家骨や人工補填材を移植することで、上顎の空洞を押し上げ、インプラントを埋入れるのに十分な厚さ・骨量を確保しますが、ソケットリフトに比べて手術時の負担が大きいため、慎重に検討する必要があります。

サイナスリフトが適している方

  • 上顎の歯が薄い
  • 骨量が足りない
  • 上顎の骨の厚みが5mm以下の方

先天的な理由で厚みが足りない場合もありますが、奥歯を失って長期間が過ぎると上顎洞が拡大してしまうため、これによって起こっていることもよくあります。

サイナスリフトの治療期間

サイナスリフトには、1回法と2回法があります。

1回法

骨の量・厚みがある程度残っているケースに適しています。
サイナスリフトによる骨移植手術と、インプラントの埋入手術を同時に行うため、1回で終了します。

2回法

骨の量があまり残っていないケースに適しています。
移植した骨や補填材が定着して安定するまで4~6ヵ月ほど待ち、それを確認してから改めてインプラント埋入手術を行います。

1回法のメリットは治療期間が短いこと、2回法は骨の厚みを確実に大きく増幅できることです。
検討の際にはCT撮影を行って骨の厚みを正確に計測し、その結果を基に最良の方法を選択します。

ソケットリフトとは

顎の骨の量が少ない際に、安全なインプラント治療のために行う施術です。ソケットとは、インプラントを埋入する穴のことであり、ここに移植骨を挿入して人工歯根に必要な骨量を確保する方法です。
ソケットリフトとサイナスリフトは、どちらも骨移植によって上顎の骨を押し上げて骨量を確保します。サイナスリフトの場合、顎骨側面の歯肉を切開して移植しますが、ソケットリフトではインプラントを挿入する穴を利用します。そのため、ソケットリフトの方が患者さまへの負担が少なくなる治療法だと言えます。
ソケットリフトでは最小限の切開が1ヶ所のみですから腫れや痛みも少なく、日帰り手術が可能です。ただし、サイナスリフトに比べて移植可能な骨の量が少ないため、5mm以上の厚みが必要です。

ソケットリフトが適している方

  • 上顎の歯が薄い
  • 骨量が足りない
  • 上顎の骨の厚みが5mm以上ある方

厚みの不足は先天的な理由もありますが、奥歯を失って長期間が過ぎると上顎洞が拡大してしまうため、これによって起こっていることもよくあります。

ソケットリフトの施術内容

インプラント挿入位置に穴(ソケット)を開けますが、その際に上顎洞まで1mmの骨が残るようにします。ソケットからオステオトームという専用器具を挿入して、シュナイダー膜と呼ばれる上顎洞底粘膜を持ち上げ、移植スペースを確保したら、そこに自家骨か骨補填材を入れ、その後、インプラント本体を埋入します。

移植した骨やインプラントがなじむのを待ちますが、この期間は4~6ヵ月が目安です。そのため、治療期間は半年ほどとなります。

ソケットリフトは特に熟練した技術が必要です

目視しながらの施術ができないため、上顎洞粘膜を破らない力加減をはじめ、高い技術力や経験が必要な施術です。また移植できる骨量の限度も正確に見極める必要があります。当院では、精密な検査を行った上で、実績が豊富な歯科医師による施術を行っておりますので、安心してご相談ください。

GBR

移植ではなく、骨の再生を誘導することで骨を作って増やす手法であり、骨再生誘導法とも呼ばれています。GBRは、Guided Bone Regenerationの頭文字から取った略語です。
人工骨補填剤を利用するため自家骨移植の必要がなく、他の部位を傷つけません。この画期的なGBR技術の発達によって、これまでは骨量の不足から治療できなかった方のインプラント治療が可能になっています。

GBRが適している方

骨量が足りない方であれば、どなたにも適しています。

GBRの施術内容

骨を増やしたい場所に人工骨補填剤を入れ、メブレンという特殊な膜で覆いますが、これにより骨芽細胞が覆われた場所に集まってきて骨ができていきます。
必要な骨ができるまでの期間は個人差がありますが、3~6ヶ月が目安です。
また、ほんの少しだけ骨が足りないケースでは、インプラント治療と同時にGBRの施術を行うことも可能です。
なお、骨量の不足が大きい場合や、1度のGBRでは必要な量が再生できない場合には、数度のGBRを繰り返して骨量を確保することができます。
新しい治療方法ですが、当院では高い専門技術や深い知識を活かし、精密な検査を基礎にしたGBRを行っています。

インプラント埋入前に行うGBR

骨が足りない部分に、骨充填剤か自家骨を充填します。
メンブレンという特殊な膜で充填した部分を覆い、固定します。
徐々に骨が増えて、安定するまで待ちます。
再生した骨が安定したことを確認して、メンブレンを除去し、インプラントを埋入します。
インプラントの安定を確認したら、人工歯冠を装着します。

インプラント埋入と同時に行うGBR

インプラントを先に埋入し、骨が少ない部分の歯肉からメンブレンを挿入します。
骨がメンブレン内で再生するのを待ちます。
安定が確認できたら人工歯根を装着します。

一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約078-991-1655 お問い合わせ