入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

歯が抜けた本数やお口の状態で適切な治療法が変わります

歯が抜けた本数やお口の状態で適切な治療法が変わりますインプラントは、審美性・機能性・生体親和性といった点で、非常に優れた治療です。
ただ、歯を失ったすべての方にとって、インプラントがベストな選択とは限りません。失った歯の本数や、お口の状態によって適切な治療は異なりますし、入れ歯やブリッジで十分満足できるという方もおられます。
当院では、画一的にインプラント治療をおすすめするのではなく、歯を失った方一人一人にとってのベストな治療を探り、提案します。

治療法を選ぶ際の注意点

治療法を選ぶ際の注意点

抜けた歯の周りの歯の状態

歯を失った部位の両隣の歯に、グラつきなどの問題がある場合には、入れ歯やブリッジでの対応が難しくなります。両隣の歯に負担をかけ、さらに寿命を短くしてしまいます。

顎の骨の状態

顎の骨の高さや厚みが不足している場合、そのままインプラント治療を行うのは危険です。入れ歯やブリッジを使用するか、骨造成や骨移植で顎の骨の量を取り戻してからインプラントを行うかの選択になります。

治療中の病気がある場合

インプラントは、局所麻酔の上での手術が必要な治療です。お口やお身体の状態によっては、適応外になることもあります。
手術の必要のない入れ歯やブリッジにするか、持病などがある場合にはそちらを治してからインプラントを行うか、検討します。

治療費用について

通常、治療費は、「保険の入れ歯・ブリッジ」→「自費のブリッジ」→「自費の入れ歯」→「インプラント」の順で高くなっていきます。
治療法を選ぶ際に費用が気になるのは当然のことですので、事前に確認しておくと良いでしょう。

インプラント

インプラント顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に上部構造(セラミック系の被せ物)を取り付けます。
審美性や機能性、生体親和性といった点で非常に優れた治療です。

インプラントのメリット
  • 安定しており、強く噛むことができる
  • 自然な美しさを取り戻せる
  • まわりの歯への負が少ない
  • 天然歯と同じようにセルフケアができる
  • 顎の骨の吸収を防ぐことができる
インプラントのデメリット
  • 局所麻酔下での手術が必要になる
  • 入れ歯やブリッジより治療期間が長い
  • 費用が高額になる

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)人工の歯と歯茎で、失った歯の審美性・機能性の回復を図ります。
保険適用の部分入れ歯の場合には、まわりの歯に引っかける金属のバネが必要になります。

入れ歯(義歯)のメリット
  • 保険の入れ歯であれば安価で作製できる
  • 自費の精密な入れ歯も多く開発されており、選択肢が豊富
  • 原則として歯を削る必要がない
  • 手術が不要
  • 修理が比較的容易
  • 治療期間が短い
入れ歯(義歯)のデメリット
  • 人工の歯茎や金属のバネによる異物感が大きい
  • 保険の入れ歯の場合、強く噛むことは難しい
  • 保険の入れ歯の場合、審美性は高くない
  • 部分入れ歯の場合、両隣の歯に負担をかける(歯の寿命に影響する)
  • 毎日取り外して洗浄する必要がある

ブリッジ

ブリッジ歯を失った部位の両隣の歯を削り、連結した被せ物を、橋を架けるように取り付ける治療法です。

ブリッジのメリット
  • 保険のブリッジであれば安価で作製できる
  • 自費の場合は、被せ物にセラミック系の材料を使用できる
  • 保険の入れ歯よりは強く噛める
  • 治療期間が短い
ブリッジのデメリット
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 両隣の歯への負担が大きい(歯の寿命に影響する)
  • 両隣の歯の虫歯リスクが高くなる
一番上に戻る
初診の方限定24時間ネット予約初診の方限定24時間ネット予約 078-991-1655078-991-1655

こうだ歯科クリニック

初診限定ネット予約はこちら
TEL.078-991-1655
診療時間 日・祝
9:30~12:30
15:00~19:30

休診日:木曜日、日曜日、祝日
▲土曜日は9:00~15:00の診療となります。
※祝日のある週は木曜日(終日)診療いたします。
※受付は診療時間の30分前までとなります。

住所:〒651-2273
兵庫県神戸市西区糀台4-7-5 西神中央駅 徒歩6分

詳しいアクセスはこちら

Facebookはこちら
Blogはこちら